天候の良いお天道様はちょっぴり走っていると

現在抜毛が増えてきました。がんらいくせ毛で具合があるように見える髪なので、鏡で見る以上は変化はないようには感じますが、毎朝、髪をとかすたびに適切量の髪が抜ける結果、些かあせっています。

一心に毛髪は1日に100ニュースくらいは抜けるものだから安全と聞きますが、本当なのでしょうか。抜けた髪を数えたわけではないのでだいぶ言えませんが、益々多いようにも、そういったもんかなとも思います。

ある時、仲良しがぼそっと言いました。「ゆっくり髪が薄くなってきたみたいなんだよね」
すると別の仲良しが「帽子かぶらないでもっぱら走ってるからじゃないの?」と言うのです。

奴らはジョギングが趣味。この季節、炎天下で走ることも多いのそうです。気候の良し日は暫し走っていると念頭が焼けるように熱くなるので、皆はジョギングキャップをかぶって走るそうですが、髪が薄くなってきたと言う彼は、何もかぶらずに走っている気配。夏場のUVが髪に悪影響を及ぼしているのかもしれません。確かにスカルプも肌ですから、日焼けによるダメージを受けるハズ。

そこで調べてみました。スカルプとUVの脈絡。すると、UVは「光年齢」を引き起こすことがわかりました。長期にわたりUVに当たり続けるとしみやしわができる原因になります。

頭は体内で最良日光に近辺、邦人は髪が黒いので、UVがスカルプに与えるショックは人肌の2倍以上と言われているそうです。紫外線によってスカルプの毛母親細胞が上手く働かなくなり、抜毛・白髪につながるそうなんです。私の抜毛もUVが要素かも!?今まで念頭の日焼けについて、かなり意識していませんでした。

そこでわが家では、髪にも使える日焼け止め噴流を使って対応を始動。秋までに抜毛が多少なりとも減ってくれることを期待しています。
ボルタレン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です