心のタフについて

最近ぼくは仕事の時間が毎日バラバラで早朝7時に起きるお天道様もあれば、夕刻16時に必要が始まり翌朝9機会まで寝ないお天道様もあります。こうした生活をしています。その事もあり、とても不規則な暮らしです。そのなかで一番に気を付けていることと言えば、ボディーと心の屈強です。仕事上脳裏が病み易いと言われている商いなので、心の一休みには十分に注意しております。
さて、からだの屈強を維持する上で一番重要なのは毎日おんなじ時間にできる以上起床し、毎日おんなじ時間にできる以上就寝する事です。私のとき早朝6機会30食い分、起床しモーニングを食べて、必要のセッティングをして、仕事する。必要が終わり、帰ってきておバスにはいりごちそうを食べて、TVを見たり溜まった撮影ビデオテープを整理したりして過ごしたあとに、常に概ね23機会30食い分くらいに布団に入り就寝している生活をしています。例え帰りが遅くても、仕事の時間がのろいお天道様でもその暮らしを変えておりません。たぶんその暮らしを崩してしまうと、私の病状も崩れてしまいます。
次に心の屈強についてですが、とりわけ自分のしたいことは、しっかりすることです。それほどしなければ負担は大層溜まってしまい、自分の心は崩壊してしまうでしょう。仕事上でも負担が全く溜まってしまうので、そっちも上手に負担を吐き出すことが大切です。人様にことごとくネゴシエイションしみずから抱え込まないことが大切です。みずから抱え込んでしまいますと、きっちり心はつぶれてしまい取り返しのつかないことになります。精神病は治るようで、治りません。一生ものの病になります。
あと、内証と必要を必ず切り離して、考えることです。公私混同してしまうと、負担の捌け口がなくなってしまいます。
皆様健康になってください。バイアグラの通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です